MENU
無料から始められるゲームで小遣い稼ぎ!! 詳細ページ

手塚治虫「まあ、ああいう程度のね」荒木飛呂彦「ははっ…」

🎯プレゼントあげます🎯

LINE公式アカウント開設記念

お友だち追加で2大特典進呈❗❗

Twitter利用者は特にオススメ!!

誰でも出来る 『コピペ収入法

ビットコインを賭けて増やせ!!

999Dice使用可能『自動ツール

友だち追加

🎵有料級情報❗❗お見逃しなく🎵

カテゴリー

目次

手塚治虫「まあ、ああいう程度のね」荒木飛呂彦「ははっ…」

この話題についての反応

会社の新人さんに 「いつも漫画読んでますけど好きな作者とか居るんですか?」って聞かれてどこだ…こいつのレベルはどの程度だ…😨って探りながら久世番子→知名度低いか?! 寺沢武一→女性にはわからんか つくしあきひと→クセが強いか…て…手塚治虫です って答えたわ(笑)

RT @ArimInfo: さすがに手塚治虫や石ノ森章太郎を基準にしない程度の良識はあるか… .@OOEDO4 さんの「『編集部は高橋留美子先生を基準にするので注意』~漫画家さんの「休載」体験談や感想…『呪術廻戦』をきっかけに」https://t.co/plo0GFeD6Y を…

@R_Acumoxamassag 手塚治虫:陽だまりの樹、ですね……僕も読んでて「えー、この程度のこと(種痘)で予防できるのに、反対するん……?」って感覚は受けてました。当時の牛になる迷信も。 今の5Gに繋がるとか、磁石になるとか。歴史は繰り返すんだな〜と、妙に感慨深くなってしまいます。

当時の牛痘を摂取すると牛になる 迷信を払拭するために四苦八苦していた様は 手塚治虫の”陽だまりの樹”でもよく描かれていますねどれだけ文明が進化しても(都度時代が積み重ねた知識を吟味享受しなければ) 数百年程度では人の本質は何も変わらない例を今に見ている。 https://t.co/1BezIfAHKt

RT @sousaku_meigen: どんな仕事にしろ、プロの道は険しい。 一人前に食べていけるプロだと、自信を持って言える人間になるには、道楽や片手間にやる程度ではダメなのだ 【手塚治虫】

手塚治虫「まあ、ああいう程度のね」荒木飛呂彦「ははっ…」 https://t.co/KnsmHBvCMi

ニュースのトピックス毎日追いかけてる人よりマクドナルドの限定メニューとかコンビニのこれめっちゃ美味しいよ!とか教えてくれる人の人生の方を尊敬してる傾向にあるな。偏見だよね、手塚治虫のブラックジャックは素晴らしい押しが激しい人程度の信頼しかしてないかもしんない。

comとかガロの時代、つまり手塚治虫が登場したの漫画を見ると明らかだけど、当時はいろんな漫画家がいろんな表現を試していて、正解も不正解もなかった。だから「漫画の描き方」なんて概念も希薄で、あくまで○○先生の表現、という程度だった。90年代後半ころから漫画の描き方が定着した気がする。

RT @yukikojyapino: 子供のころから かれこれ25年間くらいブラックジャックが好き。 (たまに原作読む程度だったけど) ひさびさ再燃してジャピノ推し🎀そして私、たまたまだけど、 手塚治虫ゆかりの宝塚で生まれ在住😆

@wirefoxmira たしかに!なんでだろう? どっちも同じくらいの知識だと思っていたんだけど(手塚治虫のブッダは読んだ、程度)キリスト教の天使って人名として残ってるから馴染みがある…とか?

紫式部は清少納言について、 「あそこまで利巧ぶって漢字を書き散らしていますけれど、その学識の程度は、よく見ればまだまだ足りない点だらけ」と嫉妬しています。手塚治虫は石ノ森のマンガについて、 「あんなものはマンガじゃない」と嫉妬しています。その他、個人的に好きな名言を選びました。

いねの能力はーー 『神霊を呼ぶことができる程度の能力』です。いわゆる神降ろしであり、あらゆる八百万(文字通り800万)の神を体に宿すことができます。 #shindanmaker #東方程度の能力診断 https://t.co/Sei2BpAGVe 手塚治虫先生とか大山倍達先生とか檀黎斗とか真中らぁらとか…。

10年以上前に買った石ノ森章太郎『佐武と市 捕物控』の文庫本(全10巻)を久々に読み始めるが、第5巻だけ見つからない!もうこの文庫本売ってないんだよなあ。 それにしても手塚治虫の『ブラックジャック』とかもだけど、毎話1つのエピソードを基本30ページ程度で、きちんと語り終えるのすごいな。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

『おまとめ速報.SITE』はトレンドワードに関する動画・おもしろ・怖い話・コロナウイルス関連の各種動画など『今』流行っていて話題になっている情報を配信しているサイトです。

コメント

コメントする

目次
閉じる